How to use?

CASE01ベーシックスタイル

ベーシックスタイルで「大頬骨筋」と「咬筋」にあて、
電気刺激を通じ「上唇挙筋」と「小頬骨筋」にアプローチ

  1. 電源オフにしたまま、ヘッドフォンを上からつけ頬にパッドがあたるように装着します。
  2. パッドがしっかりと頬についた状態にし、パワーボタン(+)をクリックします。
  3. 電気信号の強さは6段階となっており、痛くなく心地よいレベルの強さでパワーを調整します。6段階レベルは、機械音で判断できるようになっています。
  4. 10分間そのまま、電気信号を通じて表情筋を動かします。10分経過すれば自動的にストップします。終了時は、「ピー」と音がして自動的に休止状態になります。

CASE02顔の上半分にアプローチ

こめかみスタイルで眼輪筋アプローチ

目尻や目元、目の上などの目のまわりのたるみにお困りの方は、こめかみスタイルで顔の上半分にアプローチ。
ベーシックスタイルを行ったあと、目の横、こめかみ付近にあたるように、FACE-PLAYERを装着。

CASE03顔の下半分にアプローチ

カチューシャスタイルで
耳裏の胸鎖乳突筋アプローチ

胸鎖乳突筋は、首や頭の角度を曲げたり、回旋させた状態で姿勢を維持したりする筋肉です。鍛えると、頭がまっすぐ支えられ、首が伸びフェイスラインもすっきりすると言われています。顔の下半分が気になる方は、 ベーシックスタイル実施後、カチューシャスタイルで耳裏の胸鎖乳突筋にアプローチします。

CASE04上唇挙筋にアプローチ

片頬ずつ「バスガイドスタイル」

目の下、頬に片側のパッドを直接接触させます。反対側は、首裏に接触させます(反対側を接触させなくても通電します)。
頬に上から接触させることで、上唇挙筋にストレートにアプローチをします。筋トレを毎日続ければ、頬まわりが張ってくるため、老けて見られる原因の解決に近づきます。


基本の当て方

準備・基本操作

ほうれい線が気になる方:
バスガイドスタイル

目元のしわ、たるみが気になる方:
卑弥呼様スタイル

首コリ肩コリでお悩みの方:
DJスタイル

フェイスラインが気になる方:
カチューシャスタイル

ジェルパットのお手入れ

片付け・基本操作

今すぐ購入する