【新商品】COREFIT専用ブースター"Face-Trigger"予約開始!

COLUMN

一重はかわいい!一重の魅力をさらにアップさせるメイク方法

一重はかわいい!一重の魅力をさらにアップさせるメイク方法-1

「一重がコンプレックスに感じる…」「一重はメイクが難しい」とお悩みの方もいるでしょう。
しかし、一重はとても素敵な個性!

メイクの方法は活かし方でより魅力的にかわいく見えます。
そこで今回は一重はかわいい?モテる?という疑問を調査!

モテる一重さんの特徴やメイク方法も解説しているので、ぜひ参考にして素敵な個性を120%活かしていきましょう。

一重はかわいい!一重の魅力とは

一重はかわいい!一重の魅力をさらにアップさせるメイク方法-2

結論からいうと「二重だからかわいい」ということはありません。
一重さんには二重さんにない魅力がたくさんあるのです!

今回は、なかでも一重さんがかわいいといわれるポイントを3つ紹介します。

クールで意思のある印象を与える

一重さんは切長でクールな目元の方が多く、クールで意思がはっきりしている印象に見えるのが魅力です。
自己主張がスタンダードな海外の国では、キリッとした意思のある目元の一重さんは「美しい」といわれることが多いでしょう。

実際に世界的に活躍する韓国アイドルにも一重の方が多いですよね。
とくにアイドルは個性がなければ目立つことができません。

クールではっきりとした印象の一重さんは、個性的で魅力のある顔立ちといえるでしょう。

上品で知的に見える

一重まぶたはアジア人に多い特徴なので、日本の文化である和服がとても似合います。
そのため、落ち着いていて上品な雰囲気に見られることが多いでしょう。

また上品で落ち着いた雰囲気の方は「頭が良さそう」と思われやすい傾向があります。
「大和撫子」という言葉にあるように、スッと切長の目元が印象的な日本人女性は、控えめで知的なイメージが強いといえます。

実は印象に残りやすい

二重整形が一般的となってきている今、一重や奥二重から二重に整形する方も増えています。
またアイプチを使えば簡単に二重にできるので、一重さんよりも二重さんの方が割合として多く感じるかもしれません。

そのため、たくさんの人のなかで一重さんの顔の方が印象に残りやすい傾向があるでしょう。
人間関係においてもビジネスにおいても、印象に残ることは強みになります。

上手に人と付き合えば、交友関係も広がりやすいでしょう。

モテる一重まぶたの特徴って?

一重はかわいい!一重の魅力をさらにアップさせるメイク方法-3

モテる一重さんは目元やお顔がとても魅力的です。
ここからは魅力的な一重さんの特徴を4つ紹介します。

黒目が大きい

印象的な目元の一重さんは黒目が大きいという特徴があります。
一重や二重に限らず、黒目が大きくはっきりしている方は目力が強いので、印象的に残りやすいでしょう。

ただし「黒目が大きいほど魅力的」ということではありません。
黒目が大きくても白目がほとんど見えないと、バランスが悪く見えてしまいます。

そのため、カラコンを取り入れるときは、黒目と白目のバランスに注意しましょう。

まぶたがスッキリしている

まぶたがスッキリとして目の縦幅が大きい一重さんは、目元がくっきりするので、一重でも目が大きく見えるでしょう。
反対に腫れぼったいまぶたの一重さんは黒目に光が入りにくいため、目が細く暗い印象に見える可能性が高いです。

まつ毛が長い

まつ毛が長い一重さんはアイメイクをしたときに、パッとメイクが映えるので魅力的に見えることが多いでしょう。
たとえばビューラーでまつ毛を上向きにすれば、きゅるんとしたキュートな目元に。

ゆるいカールで目尻を強調すれば、知的で上品な目元に仕上げることができます。
また、まつ毛が長いとアイラインを引いたように目元がはっきりと見えるというメリットもあります。

顔のパーツのバランスがいい

目元は顔の印象を左右するパーツの一つですが、大切なのは顔全体のバランスです。
スッと鼻筋が通った高い鼻は、一重さんのクールな雰囲気を引き立ててくれます。

キュッとした小さめの鼻は顔のバランスがよく、キュートな雰囲気に見えるでしょう。
また、一重さんは口の印象も大切。

やや大きめの口や歯並びが整っている口元は、一重まぶたとのバランスがきれいに見えますよ。

「片目だけ一重」「まぶたが重い」一重さんのお悩み解消メイク

一重はかわいい!一重の魅力をさらにアップさせるメイク方法-4

一重さんのコンプレックスは、メイクの一工夫で解消できる可能性があります。
一重まぶたをより魅力的に見せるメイクのポイントを3つ紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

片目だけ一重・奥二重ならアイプチを取り入れてみる

両目のバランスが取りにくいなら、アイプチを取り入れるのも一つの方法です。
最近では皮膚をくっつける接着タイプではなく、膜で二重の線をつける皮膜タイプのアイプチも増えています。

皮膜タイプのアイプチは、アイシャドウを塗った上から二重にしたいラインの下部分に塗って乾かすと自然に仕上がるのでおすすめです。
二重のラインがはっきりしない場合は、二重ラインの目尻部分に薄くダブルラインを引くとはっきりとした目元に見えますよ。

スッキリまぶたを目指すポイントはアイシャドウ

一重さんのメイクで大切なのは、アイシャドウです。
ピンクなどの薄いパステルカラーのアイシャドウは目が腫れぼったく見えがちなので、使うときは目の際に締め色を取り入れてみてください。

一重さんは二重さんに比べてまぶたに立体感が生まれにくいので、単色のアイシャドウではなくグラデーションで立体感を持たせるのがおすすめ。
また下まぶたに涙袋メイクをするなど、上まぶたよりも下まぶたに重みを持たせると目が大きく見えるだけでなく、顔の余白も埋めやすいですよ。

まつ毛にこだわるとパッチリした目に

まつ毛をグッと上向きにするとまぶたが持ち上がるので、黒目の見える部分が増えます。
そのため、一重さんはまつ毛をしっかりと上向きにするのがおすすめ。

マスクや雨による湿気に負けないまつ毛を目指したいなら、まつ毛パーマも一つの方法です。
マスカラを使うときはカールキープ効果のあるベースを塗っておくと、まつ毛が下がりにくいでしょう。

一重の魅力を活かしたい!パッチリ目になる方法

より魅力的な一重を目指すために自分でできるセルフケアは「まぶたのたるみやむくみの解消」を目指すことです。
まぶたはむくみが出やすい部分でもあるので、毎日のケアを習慣にして、パッチリとしたかわいい一重を目指しましょう!

アイクリームを使ってマッサージする

目元のたるみや乾燥を予防するためにアイクリームを取り入れるのもおすすめの方法。
アイクリームは油分が入っていることが多いので、クリームを伸ばしたあとに軽いマッサージを行うと、よりパッチリとしたまぶたを目指せるでしょう。

まぶたのむくみやたるみ解消に役立つマッサージは次のとおりです。

  1. 目頭と鼻の間にあるくぼみを親指と人差し指でつまむ
  2. 10秒ほどプッシュする
  3. 人差し指、中指、薬指をくっつけた状態で眉の上に添える
  4. 10秒ほどプッシュする
  5. クルクルと円を描くように10秒ほどマッサージする

寝る前に行うのはもちろん、朝起きてむくみが気になるときに行うとスッキリしますよ。

眼輪筋トレーニングを行う

眼輪筋は目のまわりにあるドーナツ状の筋肉で、まぶたの開閉を行っています。
この眼輪筋が衰えるとまぶたがたるんで目が小さく見える可能性があるので、トレーニングで鍛えるのがおすすめです。

今回は簡単にできる眼輪筋トレーニングを2つ紹介します。

目を細めるだけ!いつでもどこでもできるトレーニング

  1. 上まぶたはそのままに、下まぶたに力を入れて目を細める
  2. 20秒ほど①の状態をキープする
  3. 1日5セットを目安に行う

簡単にスッキリ!眼球トレーニング

  1. 目を開けた状態で眼球を「∞」をイメージしてクルクルと右回りに動かす
  2. 5回ほど回したら、左回りに動かす
  3. 1日3セットを目安に行う

美容ツールでかわいい一重を目指す

まぶたのむくみを取って、たるみを予防する習慣をつけるなら、すきま時間で手軽にケアできる美容ツールを取り入れるのもおすすめです。

一重はかわいい!一重の魅力をさらにアップさせるメイク方法-5

『COREFIT Face-Pointer』は、スタイリッシュな見た目が特徴のペン型美容ツール。
気になる部分にロッドの先端を当て、2分間プッシュするだけで、手のマッサージでは難しい顔の深部のコリを手軽にほぐせます。

一重はかわいい!一重の魅力をさらにアップさせるメイク方法-6

目元はもちろん、お顔全体や頭部のコリをほぐせば、パッと明るい目元に。
仕事や家事の合間に手軽にケアできるので、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

▼『COREFIT Face-Pointer』についての詳細はこちら

フェイスポインター FACE-POINTER ( フェイスポインター )

一重まぶたは魅力的な個性!活かしてかわいい印象を作ろう!

二重さんは目が大きい人が多いので「二重になりたい」という一重さんも多いかもしれませんが、一重さんには一重さんにしかない魅力があります。
スッキリとしたまぶたをキープしたり、メイクにこだわったりするだけで、お顔の印象を大きく変えることも可能。

コンプレックスは最大の個性にもなるので、ぜひ一重さんの魅力を最大限に活かしてみてください!

to top