COREFITが33ヶ月かけて開発した、FACE-PLAYER登場!

COLUMN

痛い赤ニキビの効果的な治し方とは?ニキビのないキレイな肌を目指そう

痛い赤ニキビの効果的な治し方とは?ニキビのないキレイな肌を目指そう-1

赤ニキビは、目立ちやすく痛みも伴うため、すぐにでも治したいですよね。
しかし、自己流のやり方で治そうとすると余計に悪化することもあります。
特に自分で潰して膿を出すやり方は、ニキビ痕になりやすいため、絶対にNGです。

そこで今回は、赤ニキビの原因を解説し、適切な赤ニキビの治し方や対策について紹介します。
ニキビができるメカニズムを理解することで、正しい治し方とニキビができにくい肌の作り方が分かるでしょう。

赤ニキビの特徴とは

痛い赤ニキビの効果的な治し方とは?ニキビのないキレイな肌を目指そう-2

赤ニキビは、毛穴の中でアクネ菌が繁殖して炎症し、化膿した状態です。

痛みがあり赤く大きく腫れるため、目立ってしまうでしょう。

毛穴の状態によって、ニキビは以下の4段階で進行していきます。

  1. 白ニキビ
  2. 黒ニキビ
  3. 赤ニキビ
  4. 黄ニキビ

まず肌が不安定な状態になると白ニキビができます。
白ニキビは、毛穴に皮脂や垢が詰まった状態で、まだ炎症を起こしていません。
次に黒ニキビは、毛穴に詰まった皮脂や垢がそのまま放置され酸化することでできます。
赤ニキビは、黒ニキビをさらに放置して、アクネ菌が繁殖し炎症を起こした状態です。
黄ニキビは、炎症が進み膿が溜まり、ニキビが黄色く見えます。

赤ニキビや黄ニキビは、肌の深い部分までダメージを受けているため、治ったとしても痕になりやすいです。
そのため、ニキビが悪化する前に早めにケアする必要があります。

赤ニキビの原因

痛い赤ニキビの効果的な治し方とは?ニキビのないキレイな肌を目指そう-3

赤ニキビができるプロセスが分かったところで、ここでは赤ニキビができる原因について解説します。
原因を理解することで、正しい対策や治し方が分かるでしょう。

偏った食生活

皮脂の分泌量が増えるような、偏った食生活をしていると赤ニキビの原因となるでしょう。
たとえば、ケーキやお菓子など甘い物を多く摂ったり、唐揚げやフライドポテトなど揚げ物を多く摂ったりするのは避けましょう。
このような食品を多く摂ると、皮脂の分泌が増え毛穴が詰まりやすくなります。
毛穴の詰まりは、赤ニキビの初期段階のため、皮脂の分泌量を増やさないことが大切です。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れも、赤ニキビの原因と言われています。
女性のホルモンバランスが崩れると、男性ホルモンが分泌され、皮脂の分泌量が増加。
皮脂で毛穴が詰まりやすくなると、炎症も起きやすいため赤ニキビができてしまいます。
特に生理前やストレスが溜まっている時期は、ホルモンバランスが崩れやすいため注意しましょう。

肌のこすり過ぎ

肌が摩擦を受けることで、赤ニキビができることも。
肌をこすると角層が剥がれ、肌が乾燥しやすくなります。
乾燥した肌は、保湿をしようと皮脂を多く分泌量させるため、毛穴が詰まりやすい状態です。
その状態が続くと、詰まった毛穴でアクネ菌が繁殖し炎症を起こすでしょう。
洗顔やスキンケア、マスクの着用などで、肌をこすり過ぎないように注意することが大切です。
特に洗顔の際は、肌の汚れを落とそうとゴシゴシこすってしまいがち。
肌を触る時は、優しく摩擦を起こさないように注意しましょう。

赤ニキビの治し方

痛い赤ニキビの効果的な治し方とは?ニキビのないキレイな肌を目指そう-4

ここまで、赤ニキビの特徴や原因について解説しました。
赤ニキビが発生する原因を理解したところで、ここでは治し方について紹介します。
痛い赤ニキビに悩んいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

クレンジング・洗顔方法を見直す

赤ニキビに悩む方は、クレンジングや洗顔方法を見直しましょう。
まず帰宅後は、メイクをしっかり落とすことが大切です。
メイクをしたまま寝たりクレンジングが不十分だったりすると、汚れが毛穴に詰まり赤ニキビの原因になります。

クレンジングは、クリームやオイルタイプなど肌との摩擦が少ないものを選びましょう。
適量を手に取ったら、指の腹で優しくメイク汚れとなじませます。
メイク汚れが落ちにくい目元や小鼻の周りは、特に念入りに落とすことが大切です。

メイクを落とし終えたら、たっぷりの泡で優しく顔を洗いましょう。
こすらずに泡や指の腹で肌を撫でるように洗うことがポイントです。
すすぎの際は、人肌程度のお湯で隅々までしっかり洗い流します。
すすぎ残しは、毛穴が詰まる原因にもなるため、フェイスラインや髪の生え際など、落としにくい部分は特に注意しましょう。

肌トラブルを防ぐ正しい洗顔方法については、以下の記事で詳しく解説しています。
洗顔料を選ぶポイントや洗顔方法について悩んでいる方は、ぜひ読んでみてください。

スキンケアの基本は洗顔!肌トラブルを防ぐおすすめの洗顔方法を解説

 

紫外線対策をする

紫外線対策は、赤ニキビができている肌にとっては重要です。
赤ニキビのできている部分が日焼けすると、さらに炎症が悪化します。
また紫外線によってメラニンが生成され、色素沈着の原因になることも。
そのため、紫外線対策は非常に重要です。
紫外線は、一年を通して降り注いるため、季節問わずしっかり対策しましょう。

規則正しく生活する

寝不足やストレス、食生活の乱れは、赤ニキビができやすい肌を作ってしまうでしょう。
規則正しい健康的な生活を送りつつ、ビタミンやミネラルが豊富な食生活が重要です。

ニキビケア用スキンケアを使う

赤ニキビができたら、普段のスキンケアではなく、ニキビ用を使うと良いでしょう。
ニキビ肌のことを考えたスキンケアは、ニキビケアに特化しているためです。
ニキビができやすい方は、ニキビ用のスキンケアにすべて変えてみるのもおすすめ。
肌の状態に合ったアイテムを使いましょう。

市販薬を使う

炎症が酷いニキビは、市販薬で治すのも良い方法です。
ドラッグストアで手軽に購入できるため、手っ取り早く薬でケアしたい方には便利でしょう。
チューブタイプやスティックタイプなど、さまざまな市販薬があります。
使い勝手が良く、自分の症状に合っているものを選ぶと良いでしょう。

皮膚科を受診する

スキンケアや市販薬、生活習慣の改善でもニキビが治らない方は、皮膚科を受診しましょう。
専門医の適切な処置を受け、必要に応じて薬を処方してもらえるため、自分で治すよりも早く治る可能性が高いです。
特に何度もニキビを繰り返したり悪化したりする場合は、自己流のスキンケアに問題があることも。
そのような方は、一度医師に診断してもらうほうが安心です。

赤ニキビが治らないNG行動3つ

痛い赤ニキビの効果的な治し方とは?ニキビのないキレイな肌を目指そう-5

赤ニキビができたら、やってはいけないNG行動3つについて解説します。

1.自分で潰す

自分でニキビを潰して膿を出すのは、ニキビ痕になりやすいためNGです。
ニキビを潰そうと、周辺の皮膚を無理に押すと正常な肌まで傷つけてしまいます。
また指についた細菌が、ニキビや周辺の傷から入り込むと炎症が悪化する可能性も高いです。
そのため、ニキビを自分で潰すのはおすすめできません。

2.不必要に触る

ニキビを頻繁に触ると、その刺激で炎症が悪化することがあります。
また触ったことでニキビ破けて膿が出て、細菌が入り込む可能性も高いです。
気になってつい触ってしまいたくなるかもしれませんが、なるべく触らないようにしましょう。

3.ニキビ用クリームの付け過ぎ

ニキビを早く治そうとクリームを付け過ぎるのは、逆効果になるでしょう。
クリームを付け過ぎると、毛穴をふさいでしまい毛穴が詰まりやすくなるためです。
指定されている量をしっかり守り、適量を使うようにしましょう。

赤ニキビは適切にケアしよう

痛い赤ニキビの効果的な治し方とは?ニキビのないキレイな肌を目指そう-6

赤ニキビは、適切にケアしないとさらに悪化したりニキビ痕になったりします。
そのため、赤ニキビの原因をしっかり理解し正しい方法でケアしましょう。
また生活習慣やスキンケアを見直し、ニキビができにくい状態をキープすることも大切です。
他の肌トラブルを防ぐためにも、健康的な肌を目指しましょう。

to top