【新商品】COREFIT専用ブースター"Face-Trigger"予約開始!

COLUMN

下まぶたタルミ取り・クマ取りの効果を解説!気になる費用目安やリスクは?

下まぶたタルミ取り・クマ取りの効果を解説!気になる費用目安やリスクは?-1

目元の印象は見た目年齢に大きな影響を与えます。特に気になるのが、下まぶたのタルミやクマではないでしょうか?
しかし肌のタルミは、化粧品では改善できないのが事実です。本格的に治療を考えている方には、整形手術という選択肢があります。

そこでこの記事では整形手術のひとつである「下まぶたタルミ取り・クマ取り」の内容や効果について解説します。気になる費用目安やリスクの有無についても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

下まぶたのタルミの原因

下まぶたタルミ取り・クマ取りの効果を解説!気になる費用目安やリスクは?-2

顔の中でも肌のタルミが気になりやすい目元。特に目の下のタルミは、老けて見えたり疲れた印象を与えてしまったりする深刻なお悩みです。下まぶたのタルミは、女性だけではなく男性でも悩みを抱えている方が多いのが特徴です。

下まぶたがたるんでしまう主な原因は、肌の「真皮層」にある弾力成分(コラーゲンやエラスチンなど)やうるおい成分(ヒアルロン酸など)が、年齢とともに減少してしまうことにあります。さらに紫外線や乾燥、目元をこするといった外部刺激によっても、肌の弾力成分やうるおい成分は減少していきます。

下まぶたの皮膚がたるむと、目の下にある脂肪(眼窩脂肪)を支えることができなくなり、脂肪が突出してプクッと膨らんでタルミが目立つようになります。

下まぶたのタルミは化粧品では改善できない

肌の乾燥やハリツヤ不足は、化粧品でもケアできます。

しかし肌のタルミの原因は「真皮層の弾力成分の減少」や「眼窩脂肪の突出」にあるため、化粧品ではケアできません。なぜならば、化粧品でケアできるのは、肌の一番外側にある「角質層」だけだからです。

下まぶたのタルミはクマの原因にも

目の下の皮膚がたるむと、たるんだ皮膚によって影ができて、クマが生じることもあります。また眼窩脂肪が突出することによって、ふくらみの下がさらに影になり、クマが目立ちやすくなります。

下まぶたタルミ取り手術とは?

下まぶたタルミ取り・クマ取りの効果を解説!気になる費用目安やリスクは?-3

目の下のタルミや眼窩脂肪の突出、クマの目立ちを改善したい人には「下まぶたタルミ取り手術」という選択肢があります。

下まぶたタルミ取り手術は、下まぶたの内側を切開し、突出した眼窩脂肪を切除して取り除くことで、目の下のタルミを改善する方法です。目の下のタルミが改善するとともに、クマの目立ちも改善するため「クマ取り手術」と呼ばれることもあります。

手術の流れは以下のとおりです。

  1. カウンセリングで皮膚のタルミや眼窩脂肪の状態を確認する
  2. 取り除く眼窩脂肪の位置を確認する
  3. 点眼薬を使用して麻酔を行った後、局所麻酔を行う
  4. 下まぶたの内側の皮膚を切開する
  5. 眼窩脂肪を必要量除去する
  6. 止血をして終了

眼窩脂肪は、下まぶたの中央と左右の3つの部位に分かれています。目元の状態によって、3カ所のバランスを見ながら切除していきます。
手術時間は15分~30分前後と比較的短く、時間的負担が少ないことも特徴です。

また下まぶたタルミ取り手術は、まぶたの内側を切開して行うため、顔に傷が残らない手術です。抜糸もないため、一般的には入院や通院の必要もありません。

下まぶたタルミ取り手術の効果

下まぶたタルミ取り・クマ取りの効果を解説!気になる費用目安やリスクは?-4

下まぶたタルミ取り手術には、次のような効果が期待できます。

  • 目の下のタルミがすっきりする
  • 目の下のふくらみがすっきりする
  • クマの目立ちが改善する
  • 涙袋がきれいに見える
  • 表情が明るく、若々しく見える

タルミやクマが改善されることで、見た目の印象が明るく若々しくなるでしょう。もちろん女性だけではなく、男性にも同様の効果が期待できます。

下まぶたタルミ取り手術の費用目安

下まぶたタルミ取り手術の費用は、両目で10万円~20万円前後が目安です。

皮膚のタルミの状態や、眼窩脂肪の切除量によっても金額が前後します。また下まぶたタルミ取り手術と同時に、目の下の凹凸をよりナチュラルに整えるためにヒアルロン酸注射を併用するケースも少なくありません。

その場合はさらに費用が高くなるので、料金についても事前に医師としっかり相談しておきましょう。

下まぶたタルミ取り手術のダウンタイム

下まぶたタルミ取り手術のダウンタイムは、1週間前後です。

メイクや洗顔、シャワーは、手術の翌日から開始できますが、入浴は1週間ほど様子を見てから開始しましょう。

通常は手術の翌日からお仕事が可能ですが、状態によってはお休みが必要な場合があります。お仕事をしている方は、手術の際に医師に確認しましょう。

術後数日間は、わずかに腫れや内出血が出ることがありますが、メイクでカバーできる程度です。ただし腫れや内出血の状態によっては、目元のメイクを控えたほうが良いケースもあるため、気になる場合は医師に相談しましょう。

下まぶたタルミ取り手術のリスク

下まぶたタルミ取り・クマ取りの効果を解説!気になる費用目安やリスクは?-5

まれに眼窩脂肪の切除により、術後目の下がくぼんでしまうケースがあります。しかし事前にしっかり医師によるカウンセリングを受けて、目の状態に合わせた脂肪の切除をデザインしていれば、くぼみのリスクは下げられるでしょう。

また下まぶたのタルミ取りをしても、たるんだ印象があまり改善しないという場合もあります。その場合は、目元のタルミだけではなく、頬の皮下脂肪が下垂している可能性があります。

下まぶたのタルミ改善でカウンセリングを受ける場合でも、顔全体のバランスを見ながら、さまざまな施術の提案をもらうのがおすすめです。医師と相談しながら、ご自身のお悩みや顔の状態に合わせた改善方法を検討しましょう。

毎日の目元ケアにも注目しよう

下まぶたタルミ取り・クマ取りの効果を解説!気になる費用目安やリスクは?-6

いきいきとした目元印象を目指すためには、日ごろのセルフケアが大切です。
化粧品でタルミの改善はできませんが、つややかでうるおいに満ちた肌状態に整えることは可能です。また目周りの表情筋を鍛えることで、たるんだ印象を予防してピンとハリのある表情をキープできるでしょう。

ここからは整形手術の検討とともに取り組んでいきたい「目元のセルフケア」について紹介します。

スキンケアでハリツヤのある肌に

目元のお悩みは、タルミだけではありません。目元の皮膚は顔の中でも最も薄く、シワやシミ、乾燥による小ジワなども目立ちやすい部分です。まずは日ごろのスキンケアで、シワやシミ、乾燥小ジワをケアしましょう。

シワ改善の有効成分が配合された医薬部外品や、シミ予防の有効成分が配合された医薬部外品のスキンケアアイテムを、毎日のお手入れにプラスするのがおすすめです。また乾燥による小ジワが気になる人は、保湿力が高く「乾燥による小ジワを目立たなくする効能評価試験済み」のアイテムを使ってみましょう。

目元用のパックやアイクリームなどで、積極的なエイジングケアを行うのがおすすめです。

※年齢に応じたお手入れ

エイジングケアとは?何歳から始めるべき?化粧品選びのコツやおすすめのケアを紹介!

目元の表情筋トレーニングでピンとした印象に

スキンケアと合わせて、顔の筋肉「表情筋」のトレーニングにも取り組んでみましょう。
特に目元のお悩みが気になる人には「眼輪筋」のトレーニングがおすすめです。

眼輪筋トレーニングで目元ぱっちりを目指す!効果的に鍛えるコツを紹介

「表情筋トレーニングは難しそう」「毎日続けられる自信がない」という人は、表情筋を鍛える専用ツールを活用してみてはいかがでしょうか?
おすすめはヘッドホン型EMS美顔器『COREFIT Face-Player』です。

『COREFIT Face-Player』とは

下まぶたタルミ取り・クマ取りの効果を解説!気になる費用目安やリスクは?-7

『COREFIT Face-Player』は、ハンズフリーで本格的な表情筋トレーニングを実現してくれるEMS美顔器です。ヘッドホンのように顔に装着するだけで、狙った表情筋を効率的に動かしトレーニングをサポートします。

下まぶたタルミ取り・クマ取りの効果を解説!気になる費用目安やリスクは?-8

目元のトレーニング方法を解説している動画もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

 

まとめ

下まぶたタルミ取り手術とは、下まぶたの内側を切開し、眼窩脂肪を切除することで目の下のタルミやふくらみ、クマを改善する方法です。目の下のタルミは見た目印象に大きな影響を与えますが、化粧品やセルフマッサージでは改善することができません。

下まぶたタルミ取り手術で、本格的な治療を検討している方は、まずは医師のカウンセリングを受けてご自身に適した方法を提案してもらいましょう。

化粧品などのセルフケアでタルミを取ることはできませんが、うるおいとハリツヤのある肌をキープするためには、毎日のスキンケアも欠かせません。ぜひ整形手術の検討とともに、化粧品や美顔器などのセルフケアグッズについても、リサーチしてみてくださいね。

to top