【新商品】COREFIT専用ブースター"Face-Trigger"予約開始!

COLUMN

Hamp骨切の効果とは?気になるリスクやダウンタイムを徹底解説

Hamp骨切の効果とは?気になるリスクやダウンタイムを徹底解説-1

「鼻筋がボコボコしている」「ワシ鼻で鼻が大きく見える」このような悩みを抱えている方も少なくないでしょう。
鼻は顔の中心に位置しているため、他のパーツより気になってしまいますよね。
鼻の形は、メイクで多少ごまかせるものの、マッサージやストレッチなどで大きく変えることはできません。
そこで鼻の余分な部分を削る「Hamp骨切」という整形手術が人気を集めています。
今回は、Hamp骨切の気になる効果やリスク、ダウンタイムについて解説しましょう。
Hamp骨切を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

Hamp骨切とは?手術方法や費用について

Hamp骨切の効果とは?気になるリスクやダウンタイムを徹底解説-2

まずHamp骨切とはどのようなものなのか、基本を理解することが大切です。
Hampと呼ばれる部位や手術方法について解説します。

Hampとはワシ鼻のような出っ張りのこと

Hamp(ハンプ)とは、鼻筋の骨が盛り上がっている部分のことを指します。
いわゆるワシ鼻のような形になっており、鼻筋に段差が生じている状態です。
西洋の魔女をイメージすることが多く、いじわるそうな印象を持たれるケースもあります。

Hampは、鼻が高くて大きい人や鼻を骨折して曲がってしまった人などに多いでしょう。

Hampの特徴は、上部と下部で構成する組織が異なる点です。
上部は硬い鼻骨、下半分は軟らかい軟骨で構成されているため、硬い部分はノミで削り軟らかい部分はメスで切除します。

Hamp骨切は傷が見えにくい

Hamp骨切には、クローズ法とオープン法の2種類があります。
クローズ法は、鼻の穴の中を数ミリ切開し、そこから不要な部分を切除する術式です。
オープン法では、鼻柱の部分から鼻の穴にかけて切開するため、鼻柱と頬に傷が少し残ります。

傷跡が目立たないクローズ法は、手術する際の視野が狭くなるため、確実性が劣るケースもあるでしょう。

Hamp骨切の手術費用

手術の費用は、クリニックや医院によって異なりますが、50万前後が多いでしょう。
Hamp骨切と共に鼻筋を細くする幅寄せ手術を受ける場合、さらに費用がかかります。
そのため、カウンセリングでしっかり費用を確認することが大切です。

Hamp骨切の効果について

Hamp骨切の効果とは?気になるリスクやダウンタイムを徹底解説-3

Hamp骨切は、鼻筋のデコボコを平坦にするため、真っ直ぐ整ったきれいなラインを叶えられます。
また、鼻筋の段差がスムーズになるため、スッキリと整った印象を与えられるでしょう。
ストレートで柔らかなラインの鼻筋は、優しい女性的な印象を作ります。
ゴツゴツとした男性的な印象を変えたい方は、Hamp骨切が向いているでしょう。

Hamp骨切が向いている人の特徴は次の通りです。

  • ワシ鼻をストレートな鼻に変えたい
  • ゴツゴツした鼻で男性的なイメージが強い
  • 優しい女性的な鼻にしたい
  • スッキリ整ったスマートな鼻にしたい

Hamp骨切のリスクとダウンタイム

Hamp骨切の効果とは?気になるリスクやダウンタイムを徹底解説-4

Hamp骨切には、どのようなリスクがあるのでしょうか。
またダウンタイムが長いと外出やイベントなど、予定が立てにくいですよね。
ここでは、Hamp骨切のリスクとダウンタイムについて解説します。

Hamp骨切のリスク

Hamp骨切のリスクや副作用には、次のようなものがあるでしょう。

  • 感染症
  • 傷の中で内出血
  • Hampが残る
  • 鼻筋が太く見える
  • 一時的な鼻の詰まり

手術後、傷口に細菌が入り感染症を引き起こす可能性があります。
患部の熱感・赤み・強い痛み・強い腫れなどが続くケースでは、感染症が考えられるでしょう。
手術をした傷口から出血し、内部に血が溜まることもあります。
その場合、鼻先が紫色になり腫れるのが特徴です。
傷口内の血を放置すると、感染症や鼻筋が太くなる原因になります。
何らかの異常を感じたら、すぐに医師へ相談することが大切です。

Hampの取り残しがあると、鼻筋がデコボコになるケースもあります。
取り残した部分がある場合は、術後の腫れが引いてから再度手術しなければなりません。

Hamp骨切と同時に鼻筋を狭く固定する幅寄せ手術をした場合、術後固定がゆるんでしまうことがあります。
そうすると、鼻筋が広がって太く見えることも。
再度調整する場合は、術後の経過を見ながら再手術することが可能です。

鼻筋を狭くする手術を受けると、鼻の中が狭くなることもあります。
手術後すぐの時期は、手術の影響で粘膜が腫れて鼻が詰まったように感じることもあるでしょう。
通常であれば、3~6ヵ月で粘膜の腫れは引くため、鼻の詰まりは気にならなくなることがほとんどです。

Hamp骨切のダウンタイム

Hamp骨切のダウンタイムは以下の通りです。

  • 抜糸:1週間
  • 鼻のギプス:1~2週間
  • 腫れや内出血:1週間
  • 鼻骨の安定:2~3ヵ月

体内で溶ける糸を使用している場合、抜糸は不要なケースもあるでしょう。

術後は、鼻の位置を固定するためにギプスやテープを装着します。
ギプスやテープを付けている間は、濡らさないように注意しましょう。
また鼻の中には、ガーゼを挿入し術後1~2日はそのままです。
Hamp骨切の場合、目の内側が腫れたり内出血したりして、術後約3日は目が開きにくくなることもあるでしょう。
術後約3カ月で、腫れはほとんど落ち着きスッキリした鼻筋になります。
術後、人と会う約束や大切なイベントがある場合は、ある程度期間を空けることをおすすめします。

Hamp骨切術後の注意点

Hamp骨切の効果とは?気になるリスクやダウンタイムを徹底解説-5

Hamp骨切を受けた後に注意したい日常生活のポイントについて解説します。

鼻をかまない

術後、患部が落ち着くまでに何らかの圧力がかかると、鼻の位置がズレたり変形したりすることがあります。
特に鼻をかむ行為は、左右から圧力がかかるため、最低でも術後1~2ヵ月は避けましょう。

洗顔やシャワー

洗顔や入浴・シャワーの際は、患部に装着したギプスを濡らさないことが大切です。
そのため、ギプスが外れる1~2週間は洗顔できません。
シャワーは、手術の翌日から可能ですが、その際もギプスを濡らしてはいけません。
ギプスが取れた後であれば、シャワーも洗顔も可能です。

メイクは、ギプスを装着していない部分であれば当日からできます。

激しい運動はしない

血行が良くなる激しい運動は、腫れを強くすることがあります。
そのため、抜糸するまではなるべく安静にすることが大切です。
また抜糸後、運動していて患部に違和感を抱いたら、すぐに運動を中止しましょう。
手術後の運動は、様子を見ながら徐々に運動することがポイントです。

コンタクトレンズの装着

手術当日は、コンタクトレンズを外してから手術を受けます。

また患部の腫れが引くまで、コンタクトレンズの装着は控えましょう。
腫れが引いた後でも、違和感を覚えたら使用しないことが大切です。

当日はコンタクトレンズが装着できないため、メガネの用意を忘れないようにしましょう。
当日は乗り物の運転を控える
手術当日は、車の運転を控えるように注意喚起しているクリニックや医院もあります。
そのため、当日は公共交通機関を利用しましょう。

スッキリ鼻筋で自分に自信を持とう!

Hamp骨切の効果とは?気になるリスクやダウンタイムを徹底解説-6

鼻筋を理想的な形に整えることは、マッサージやストレッチなどではできません。
またある程度メイクでごまかせても、本来の形は変えられないため、悩む人も多いでしょう。
鼻筋をしっかり整えたい方は、Hamp骨切で形を変えると理想的な鼻に近づけます。
鼻の形に悩んでいる方は、Hamp骨切のリスクを十分理解した上で、手術を受けましょう。

整形手術に戸惑いを感じるのであれば、日々のフェイスケアで理想的な自分に近づくのも良い方法。
たとえば、顔の筋肉のコリをほぐせるフェイスポインターは、いつでもどこでも使える優れモノです。

顔のコリが気になる部分に押し当ててプッシュするだけでスッキリ。
日々のケアで素敵な自分を目指しましょう。

▼『COREFIT Face-Pointer』についての詳細はこちら

フェイスポインター FACE-POINTER ( フェイスポインター )

to top