COREFITが33ヶ月かけて開発した、FACE-PLAYER登場!

COLUMN

ふっくらキュートな目元に!涙袋形成術の効果を徹底解説

ふっくらキュートな目元に!涙袋形成術の効果を徹底解説-1

「目つきがキツイと言われる」「目元にハリがない」このような悩みを抱えていませんか。
メイクだけでは限界があるものの、整形手術までは踏み切れないと感じる人も多いですよね。

そこで人気を集めている施術が涙袋形成術です。
目の下に涙袋をはっきり作ることで、ふっくらキュートな目元を叶えます。
今回は、涙袋形成術の種類や効果について徹底解説。
目元でお悩みの人は、ぜひ参考にしてみてください。

涙袋形成術の効果とは?

ふっくらキュートな目元に!涙袋形成術の効果を徹底解説-2

涙袋形成術の主な効果は、以下の通りです。

  • 目が大きく見える
  • メイクが映える
  • 目元が立体的に見える
  • 目元が優しい印象になる

涙袋が目立たない目元は、凸凹が少ないためのっぺりした印象になりがち。
またシャープな印象が強くなり、キツイ印象を与えることもあります。

一方で涙袋のある丸味を帯びた目元は、柔らかい印象を与えるため、優しい雰囲気になるでしょう。
さらに目元が涙袋で強調されることで、より目が大きく見えます。

涙袋形成術には3種類ある

ふっくらキュートな目元に!涙袋形成術の効果を徹底解説-3

涙袋形成術は主に、ヒアルロン酸注入・脂肪注入・外科手術による方法の3つがあります。
ここでは、それぞれの方法について解説しましょう。

ヒアルロン酸注入

下まつ毛に沿って細い針でヒアルロン酸を注入する方法は、短時間で済ませられると人気です。
施術時間は数分で終了することが多く、忙しくて時間が取れない人でも気軽に受けられます。

傷跡は、ヒアルロン酸を注入するために空いた針穴のみ。
注入する際は、麻酔クリームを塗布することが多く、痛みをほとんど感じないのも魅力です。
ヒアルロン酸の注入による変化はすぐに分かるため、手鏡で膨らみ具合を確認しながら注入できます。

もし元に戻したい場合は、注入したヒアルロン酸を溶かすことも可能です。
施術当日は、パウダーファンデーションであればメイクできます。
リキッドファンデーションは、注入口の針穴から入りやすく感染症の原因となるため、避けましょう。
洗顔やシャワーは当日から可能なケースが多いようですが、必ず医師に確認することが大切です。

メスを使った涙袋形成術と比較し、費用が格安なのも魅力的なポイント。
安いクリニックや医院では、両目で約2万円から受けられます。
ただし、クリニックや医院、ヒアルロン酸の注入量で費用は異なるため、事前にしっかり確認しましょう。

脂肪注入

脂肪注入は、自分の体の皮下脂肪を採取し、目の下に注入して涙袋を形成する方法です。
ヒアルロン酸とは異なり、体に吸収されることはありません。
そのため、半永久的にくっきりした涙袋が維持できるでしょう。

しかし、少量の脂肪を均等に注入することは非常に困難なため、デコボコした仕上がりになる可能性があります。

また脂肪注入で作った涙袋を元に戻す場合は、切開して取り出さなければなりません。
注入直後は、腫れ・赤み・内出血を伴うことがあります。

費用は、ヒアルロン酸注入よりも高価になり、数十万円からです。

外科手術による涙袋形成術

外科手術による涙袋形成術の一つに、下まぶたの脂肪を除去することで、涙袋を作る方法があります。
脂肪を切除した後、目尻で筋肉を引っ張り涙袋の下にへこみを形成。
涙袋の下をへこませることで、上部を膨らませて涙袋を作ります。

最終的な形や大きさなどの微調整が難しく、抜糸しなくてはならない点がデメリットと言えるでしょう。

一方、表情とともに涙袋が動くため、ヒアルロン酸や脂肪を注入する施術よりも、自然に見えます。

人気の涙袋形成術ヒアルロン酸注入の注意点

ふっくらキュートな目元に!涙袋形成術の効果を徹底解説-4

3種類ある涙袋形成術の中でも、気軽にできるヒアルロン酸注入は人気の施術です。
ここでは、ヒアルロン酸注入を受ける際に知っておきたい注意点について解説します。

いずれ元に戻る

ヒアルロン酸は、いずれ体内に吸収されるため、時間が経つにつれ元の状態へ戻ります。
効果の持続時間には個人差があり、約数カ月から半年間が目安です。
そのため、涙袋を維持したい場合、定期的に施術を受けなければなりません。
半永久的に涙袋を維持するのであれば、他の方法を検討しましょう。

ヒアルロン酸の種類で効果が異なる

ヒアルロン酸には、いくつか種類がありそれぞれで特徴が異なります。
たとえば、粒子が大きく硬いタイプのヒアルロン酸は、体へ吸収されるのに時間がかかり、効果が長続きするでしょう。
しかし粒子が大きいため、手触りも硬くなり、ボコボコした見た目になります。

一方で、粒子が小さく柔らかいヒアルロン酸は、肌になじみ自然に見えるでしょう。
しかし、柔らかい分はっきりした涙袋を維持できず、たるみになって老けた印象を与える可能性もあります。

ヒアルロン酸の種類は、医師と相談の上しっかり決めることが大切です。

注入量によって不自然に見える

ふっくらした涙袋を求めるあまり、ヒアルロン酸を注入しすぎると大きく不自然な形になります。
注入量は、医師と良く相談し、不自然に見えない量にすることが重要です。

涙袋が青あざのように見える

ヒアルロン酸が透けて見えると、青あざのように見えることがあります。
本来であれば、ヒアルロン酸は眼輪筋の中や下に注入するため、透けて見えることはありません。
しかし、誤って皮膚のすぐ下に注入したり何度も注入を繰り返すことで、青く透けることがあります。

ヒアルロン酸注入のリスクとダウンタイム

ふっくらキュートな目元に!涙袋形成術の効果を徹底解説-5

ヒアルロン酸注入を受ける前に、リスクとダウンタイムについてしっかり理解しましょう。
ここでは、ヒアルロン酸注入のリスクとダウンタイムについて解説します。

リスク

ヒアルロン酸注入による主なリスクは、以下の通りです。

  • 左右差が生じる
    アレルギー
    内出血
    しこりができる
    感染症
    たるみを強く感じる

医師の技術力によっては、左右差が異なるケースもあるでしょう。
またヒアルロン酸を注入することで、細かい血管が傷つき内出血となり、紫色になる可能性もあります。
さらに内出血により、腫れることもありますが、時間の経過とともに改善されるでしょう。

赤みや腫れなどが長期間続く場合、感染症にかかっている可能性もあるため、医師に相談することをおすすめします。
ヒアルロン酸が体内に吸収されると、目の下にたるみが強く出るケースもあるため、注意が必要です。

ダウンタイムについて

ヒアルロン酸注入による腫れや赤みは、2~3日程度で改善されるでしょう。
内出血を起こした場合に出る紫色のアザは、1~2週間を目安に消失します。

目元ケアにおすすめの美容グッズ

ここまで涙袋形成術について紹介してきました。
しかし、整形はなるべくしたくないという人も少なくないでしょう。
そこでここからは、目元ケアにおすすめの美容グッズを紹介します。

いつでも手軽に目元ケア

ふっくらキュートな目元に!涙袋形成術の効果を徹底解説-6

スマホやパソコンを長時間使う人は、目元の筋肉がカチコチにこってしまい、怖い顔になりがちです。
そこでおすすめの美容グッズが『COREFIT Face-Pointer』。

ペン型のシャープな本体は、ポーチにすっぽり収納でき、持ち運びも簡単です。
さらに洗練されたデザインは、美顔器には見えませんよね。

ふっくらキュートな目元に!涙袋形成術の効果を徹底解説-7

使い方もいたって簡単。
気になる部分に先端を押し当てて、プッシュするだけで目元のコリをほぐせます。

業務の合間に手軽にケアできるため、忙しくてフェイスケアする時間のない人におすすめ。

▼『COREFIT Face-Pointer』についての詳細はこちら

フェイスポインター FACE-POINTER ( フェイスポインター )

装着するだけでフェイスケアできる

 

ふっくらキュートな目元に!涙袋形成術の効果を徹底解説-8

表情筋を広範囲でケアしたい人には、ヘッドフォン型のEMS美顔器『FACE-PLAYER』をご紹介。
『FACE-PLAYER』は、ジェルの付いたパッドを気になる部分に当ててスイッチを入れるだけで使用できます。
両手を使わないヘッドホン型のため、他のことをしながらフェイスケアできるのが魅力です。
また10分後に自動的に止まるため、読書やテレビを見ながら時間を気にせずに使えます。

 

▼『COREFIT Face-Player』についての詳細はこちら

フェイスプレイヤー FACE-PLAYER

ふっくらハリのある目元へ

ふっくらキュートな目元に!涙袋形成術の効果を徹底解説-9

涙袋形成術には、いくつか方法があるため、自分に適した施術を受けることが大切です。
手軽さやダウンタイムが気になる人は、ヒアルロン酸注入がおすすめ。
しかし、定期的にヒアルロン酸注入をおこなう必要があるため、慎重に選びましょう。

整形することに抵抗がある人は、まず美容グッズで目元をケアすることも検討してみませんか。
パソコンやスマホを長時間使っていると、知らず知らずのうちに表情が怖くなっていることも。
表情が気になりだしたら、美容グッズでケアしてみましょう。

to top