COREFITが33ヶ月かけて開発した、FACE-PLAYER登場!

COLUMN

美肌菌が多いお肌は綺麗?美肌菌のメリット&増やす方法を知ろう!

美肌菌が多いお肌は綺麗?美肌菌のメリット&増やす方法を知ろう!-1

「美肌菌が多い人はお肌が綺麗」という話を聞いたことがある方もいるでしょう。
しかし美肌菌とはどんな菌なのか、美肌菌が多いとどんなメリットがあるのか、実際にはよく分からないですよね…。

そこで今回は美肌菌とはどんな菌なのか、また美肌菌が多いお肌はどんなお肌なのか詳しく解説!
美肌菌を増やす方法も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

美肌菌について正しい知識を身につけて、揺らぎにくい健康なお肌を手に入れましょう!

美肌菌とは?

美肌菌が多いお肌は綺麗?美肌菌のメリット&増やす方法を知ろう!-2

実は「美肌菌」という菌は存在しません。
美肌菌は1つの菌ではなく、お肌に存在する複数の菌なのです。

では美肌菌にはどんな種類があるのか、またなぜ美肌菌が大切なのかを詳しく見ていきましょう。

美肌菌は皮膚に常在する菌のこと!

美肌菌とはお肌に存在する「皮膚常在菌」と呼ばれる菌のこと。
なかでも善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスが美肌に大きな影響を与えているため、この3つの菌が美肌菌と呼ばれています。

美肌菌はお肌に約1,000種類も存在すると言われており、菌の数は人によってさまざま。
では美肌菌と呼ばれる3種類の菌について詳しく見ていきましょう。

美肌菌にはどんな種類がある?

善玉菌

綺麗なお肌をキープするのに重要な役割を果たしている皮膚常在菌で、表皮ブドウ球菌や真菌(マラセチア菌)が善玉菌の一種です。
善玉菌は以下のようなはたらきをすると言われています。

  • お肌のpHを弱酸性に保つ
  • うるおい成分を作り出す
  • 肌荒れの原因菌の増殖を防ぐ
  • お肌のバリア機能を保護する

善玉菌はお肌にとってプラスにはたらくため、無くてはならない菌です。
しかし善玉菌はお肌の表面に多く存在すると言われているため、洗顔のしすぎや洗浄成分の強いクレンジングによって洗い流されてしまうことも…!

そのため、洗顔のしすぎには注意しましょう。

悪玉菌

その名のとおり、お肌のトラブルを引き起こす菌のことで、黄色ブドウ球菌が悪玉菌の一種です。
悪玉菌は増えすぎない限りは悪さをしないと言われており、通常はお肌のバリア機能を保ったり、お肌を刺激から守ったりする役割を果たしています。

しかし、増えすぎると肌荒れはもちろん、アトピー性皮膚炎を引き起こす原因になる可能性があるので注意してください。
また善玉菌が減りすぎると悪玉菌が活発になるため、美肌菌のバランスを保つことがお肌の健康をキープする秘訣と言えるでしょう。

日和見菌

日和見菌はいいはたらきも悪いはたらきもする菌です。
日和見菌はお肌の状態に左右されるため、お肌が健康な状態では善玉菌のようにはたらき、バランスが崩れると悪玉菌のようにはたらくと言われています。

日和見菌の一種であるアクネ菌は通常、お肌のうるおいをキープする役割を担っていますが、お肌の状態が悪いとアクネ菌が増加してニキビの原因に。
善玉菌と悪玉菌のバランスが保たれていると悪さをする菌ではないので、善玉菌が多いお肌をキープするのが何より大切です。

美肌菌が多い綺麗な肌とは?

美肌菌が多いお肌は綺麗?美肌菌のメリット&増やす方法を知ろう!-3

お肌に存在する美肌菌はどの菌が少なくても、多すぎてもいけません。
全ての菌のバランスを取ることが、トラブルの少ないお肌を作るカギなのです。

では美肌菌が多いお肌とはどんなお肌なのか、詳しく見ていきましょう。

赤みが出にくい

美肌菌が多いとお肌の赤みが出にくいと言われています。
反対に美肌菌が少ないとダメージを受けたお肌が炎症を起こして赤く見える可能性が…!

またお肌がダメージを受けると毛細血管を拡張させることも。
炎症しているわけではないのにお肌が赤く見えるのは、この毛細血管の膨張である可能性が高いでしょう。

通常であれば、お肌の状態が改善されると赤みも元に戻ります。
しかし美肌菌が少なく肌トラブルが解消されない状態が続くと、毛細血管が膨張したままになってしまうケースもあるので、注意してください。

十分に潤っている

美肌菌が多いお肌は水分量が高いと言われています。
うるおっているお肌はトラブルが起きにくいため、美肌菌が多いお肌は肌トラブルも少ないと言えるでしょう。

お肌の乾燥は皮脂が増えたり、シワやたるみの原因にもなります。
さらにお肌のバランスが崩れると日和見菌が悪玉菌のような役割をするようになり、さらなる肌トラブルにつながる可能性も…!

乾燥が気になる方は美肌菌が少ない可能性が高いため、スキンケアや生活習慣を見直すのがおすすめです。

バリア機能が高い

美肌菌が多いお肌はバリア機能が高いため、お肌がダメージを受けにくいと言えます。
というのも、バリア機能が弱ったお肌はお肌を守る力が低下しているため、紫外線や刺激などのダメージを受けやすいのです。

善玉菌の数が多く美肌菌のバランスが取れているお肌は、ダメージや肌荒れを予防してくれます。
お肌が揺らぎやすい方は美肌菌のバランスが崩れている可能性があるので、気をつけてください。

美肌菌を増やす方法!ケアや食べ物が大切

美肌菌が多いお肌は綺麗?美肌菌のメリット&増やす方法を知ろう!-4

健康的なお肌を目指すためには美肌菌の一種である善玉菌を増やし、悪玉菌が増えすぎないようにバランスを保つことが大切です。
今回は美肌菌を増やす方法を3つ紹介するので、ぜひ毎日の生活を見直してみてください。

保湿ケアを重点的に行う

善玉菌の一種である表皮ブドウ球菌は乾燥にとても弱いと言われています。
そのため、お肌が乾燥すると善玉菌が住みにくい環境になり、数も減少。

するとお肌がアルカリ性に傾き、悪玉菌が増えてしまう可能性があるのです。
美肌菌のバランスを保つためにも、保湿ケアは重点的に行いましょう。

「お肌を触るとザラザラしたり、ガサガサしたりする」「メイクのノリが悪い」と感じている方は保湿ケアが足りていないかもしれません。
保湿成分配合のスキンケアを取り入れて、十分に保湿を行ってみてください。

お肌の乾燥を防ぐ習慣をつける

お肌が乾燥すると美肌菌のバランスが崩れてしまうので、日頃から乾燥対策を行うのがおすすめ。
とくに以下の4つに注意すると、お肌の乾燥を予防できるでしょう。

  • 肌を擦らない
  • 紫外線ケアをする
  • エアコンに当たりすぎない
  • 睡眠をしっかり取る

何気ない習慣や生活スタイルによってお肌は乾燥してしまうこともあります。
なかでも紫外線は乾燥、シミ、シワ、たるみなどさまざまなトラブルにつながる可能性があるので、日頃から日焼け対策を行うようにしましょう。

また睡眠不足は、お肌が生まれ変わる周期であるターンオーバーが乱れる原因になるため、忙しくてもできるだけ睡眠を取るように心がけてみてください。

善玉菌が多い食べ物を取り入れる

善玉菌は食べ物から摂取して増やすことができます。
バランスの取れた食事を心がけることはもちろん、乳酸菌や酵母菌、麹菌など善玉菌を増やす食品を献立に加えてみましょう。

とくに以下の食品は善玉菌を増やすのに役立つので、積極的に摂取してみてください。

乳酸菌が多く含まれる食品 ヨーグルト、チーズ、キムチ
酵母菌が多く含まれる食品 日本酒、パン、納豆、味噌、醤油、漬物
麹菌が多く含まれる食品 お米、麦、大豆

なかでもヨーグルトは手軽に乳酸菌を摂取できる食品なので、毎日食べる習慣をつけるとお肌の善玉菌を増やすのに役立つでしょう。

美肌菌のバランスを整えて健康で綺麗な肌を目指そう!

美肌菌のバランスが整っているお肌はうるおっていてバリア機能が高いので、綺麗に見えるだけでなく肌トラブルも起きにくいと言われています。
お肌に存在する美肌菌のなかでも、とくに注目したいのが善玉菌。

善玉菌が減ると悪玉菌や日和見菌が悪さを始めてしまうので、日頃から善玉菌を増やす生活を心がけるのがおすすめです。
善玉菌はバランスの取れた食事や正しい生活習慣を続けると増やすことができるので、健康的なお肌を目指すためにも、日々の生活を見直してみてください。

美肌菌のバランスを整えて、うるおいのあるツルツル肌を作っていきましょう!

to top