【新商品】COREFIT専用ブースター"Face-Trigger"予約開始!

COLUMN

アンチエイジングとは?年齢が気になる方におすすめのスキンケア方法

アンチエイジングとは?年齢が気になる方におすすめのスキンケア方法-1

年齢とともに気になるシミやシワ、たるみ。
このような加齢による変化を改善するためにできることはないのか、悩んでいる方も多いでしょう。
今回は、アンチエイジングについての考え方や年齢肌へ効果的なスキンケア方法について解説します。
加齢による肌悩みを感じ始めた方は、ぜひ参考にしてみてください。

※本記事内でのエイジングケアとは「年齢に応じたスキンケア」のことです。

アンチエイジングとは?

アンチエイジングとは?年齢が気になる方におすすめのスキンケア方法-2

アンチエイジングとは、どのようなことを指すのか、まずは基本情報から解説しましょう。

アンチエイジングは抗老化のこと

アンチエイジングのアンチは「抵抗」、「エイジング」は「老化」を意味し、老化に抵抗する「抗老化」のことです。
アンチエイジングは、美容でよく聞かれる言葉かもしれませんが、実は医療の現場でも積極的に研究されています。
アンチエイジング医療は、細胞の老化を遅らせたり若返らせることで、より健康に長生きすることが目的です。

スキンケアでアンチエイジングは可能なのか?

化粧品を使ったスキンケアでアンチエイジングをすることは、現状できないとされています。
たとえば、肌に化粧水を塗るだけで細胞が活性化され、若返らせることはできません。
あくまで年齢に応じたスキンケアで、健康的な肌の状態をキープすることは可能です。

エイジングケアとしてのスキンケア方法

アンチエイジングとは?年齢が気になる方におすすめのスキンケア方法-3

ここでは、年齢に応じたスキンケアであるエイジングケアの方法について解説します。
年齢による肌悩みを抱えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

保湿

スキンケアの基本である保湿は、エイジングケアでも欠かせないポイントです。
肌が乾燥するとバリア機能が低下し、肌のターンオーバーも乱れがちになります。
肌のターンオーバーの理想的な周期は約28日です。
しかし、加齢や肌トラブルなどで周期は遅れやすく、そうなるといつまでも古い角質が表皮に溜まり続け、新しい皮膚と交換できません。
古い皮膚が表皮に残ると、肌がくすんだり古い角質が原因で肌荒れを起こすようになります。

そこで、肌のターンオーバーを整え健康的な状態を維持するためにも、保湿は重要なスキンケアです。
保湿力に優れた成分のセラミドやアミノ酸などを配合した化粧水を積極的に使用して、毎日の保湿ケアを欠かさずにおこないましょう。

紫外線対策

紫外線は、肌老化の原因の1つと言われており、シミ・シワ・たるみを引き起こす可能性が高いです。
そのため、紫外線対策はこまめにおこなうことが、若々しい肌をキープするためのポイント。
屋外での活動時は、日焼け止めクリームやUVカットの日傘を使用するなどして、紫外線対策をおこないましょう。
また紫外線は、窓を通して屋内にも降り注ぎます。
室内であっても日焼け止めクリームを塗ったりUVカット素材のカーテンを使ったりして、きちんと対策しましょう。

紫外線は、一年中通して降り注いでいるため、寒い時期でも紫外線対策は必須です。

日焼け止めクリームに記されている「SPF」や「PA」値によって、紫外線のカット率が異なります。
「SPF」や「PA」値が高ければ高いほど、紫外線カット率は高まるため、活動に合わせて使い分けましょう。
ウォータープルーフタイプであれば、屋外での激しい運動でもUVカット効果が長続きします。

マッサージ

顔のマッサージも若々しい肌をキープするためには、重要なスキンケアです。
顔の血行が滞ると、老廃物が肌に溜まりくすんで見える原因にもなります。

特に目の下は、皮膚が薄いため血行不良がクマとなって現れやすく、老けた印象を与えるでしょう。
そこで、ホットアイマスクで筋肉をやわらげて血行を促進したり、目の周りのマッサージで老廃物を流したりすることをおすすめします。
マッサージの際は、肌をこすらないようにオイルやクリームを使用しましょう。
肌への摩擦は、シミやシワなどの肌トラブルの原因になるため注意が必要です。

年齢肌におすすめの化粧品の選び方

アンチエイジングとは?年齢が気になる方におすすめのスキンケア方法-4

年齢肌のスキンケアにおすすめの化粧品の選び方について解説します。

成分で選ぶ

肌悩みに応じた成分を配合しているかどうかで選ぶことも大切です。
たとえば、乾燥が気になる方は以下の成分がおすすめ。

  • セラミド
  • スクワラン
  • グリセリン
  • 加水分解ヒアルロン酸
  • 加水分解コラーゲンなど

ハリやツヤ不足が気になる方は、以下の成分が良いでしょう。

  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • レチノール

メラニンの生成を抑え、日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ美白ケアには、美白有効成分であるトラネキサム酸がおすすめです。

シワが気になる方は、以下の成分が良いでしょう。

  • レチノール
  • ニールワン
  • ニコチン酸アミド

年齢で選ぶ

年齢によって、肌悩みは変化するため、その時に最適なケアをすることが大切です。
20~60代までの肌悩みに応じて、どのようなケアが必要なのか以下にまとめました。

  • 20代・・・乾燥とシミ対策を意識したスキンケア
  • 30代・・・メラニンの生成を抑え、日焼けによるシミ・そばかすを防ぐケア
  • 40代・・・くすみや乾燥による小じわを予防するためのケア
  • 50代(60代)・・・ハリや乾燥による小じわ対策、保湿ケアなど多角的なケア

価格帯で選ぶ

エイジングケアに特化した製品は、さまざまなメーカーから販売されており価格も幅があります。
高価な商品ほど高い効果を期待されるかもしれませんが、高ければ高いほど良い効果が得られるとは限りません。
重要なポイントは、継続してたっぷり使えるかどうかです。
あまり高価な製品だと、もったいないと感じてしまい、ついケチってしまいがち。
十分な量を使わないと化粧品の効果は得られないため、高価な製品なのに残念な結果になる可能性もあります。
そのため、無理なく続けられる価格帯かどうかに焦点を当てて、毎日たっぷり使いましょう。

体の中からエイジングケアをしよう

アンチエイジングとは?年齢が気になる方におすすめのスキンケア方法-5

化粧品を使ったスキンケアも重要ですが、実は体の中からおこなうエイジングケアも重要です。
ここでは、若々しい肌を保つためにぜひ摂取したい栄養素について解説します。

ビタミンC

抗酸化作用があると知られているビタミンCは、ぜひ摂取したい栄養素のひとつ。
ビタミンCは、コラーゲンの生成をサポートするため、肌の弾力アップにも効果的です。

ビタミンCが含まれている食物は以下の通りです。

  • レモン
  • イチゴ
  • ピーマン
  • ブロッコリー

水溶性のビタミンCは、尿と一緒に体の外へ排出されやすいため、一度に摂るよりも毎日少しずつ摂取することをおすすめします。

食事で摂ることが難しい場合、サプリメントの利用も良いでしょう。

ビタミンA

ビタミンAには、ビタミンCのように抗酸化作用があります。
また、肌や粘膜を健康的な状態に維持する働きもあるため、肌荒れが気になる方はぜひ摂取しましょう。
ビタミンAは、人参やホウレンソウなどの緑黄色野菜やレバーに含まれています。
緑黄色野菜を1日に100g以上摂取するのがおすすめですが、脂溶性ビタミンのため、過剰に摂取することは控えましょう。

たんぱく質

タンパク質は、健康的な肌を生成する重要な栄養素です。
たんぱく質とビタミンCを一緒に摂取することでコラーゲンがさらに増えて、肌のハリがアップするでしょう。
そのため、肌の弾力不足が気になる方は、タンパク質も積極的に摂取することが大切です。

たんぱく質は肉や魚、卵など含まれているため、毎日の食事で意識しましょう。

エイジングケアで年齢に負けない健やかな肌を目指そう

アンチエイジングとは?年齢が気になる方におすすめのスキンケア方法-6

スキンケアで老化を防止するアンチエイジングはできません。
しかし、年齢に応じたスキンケアであるエイジングケアであれば可能です。
肌悩みに応じた成分を配合している化粧品を活用し、しっかりケアしましょう。
また同時に、体の中からエイジングケアをすることも大切です。
肌に良い栄養素をバランス良く摂取し、健康的で若々しい肌をキープしましょう。

to top