【新商品】COREFIT専用ブースター"Face-Trigger"予約開始!

COLUMN

黄ぐすみの正しいスキンケアとは?原因や対策を徹底解説

黄ぐすみの正しいスキンケアとは?原因や対策を徹底解説-1

「ファンデーションの色が合わなくなった」「肌が黄色っぽくなった」そう感じる方は、肌の黄ぐすみが原因かもしれません。
肌が黄みがかってくすんで見えると、老けた印象を与え、ファンデーションが厚塗りになりがちですよね黄ぐすみは、体の中と外からしっかりケアすることが大切です。

そこで今回は、黄ぐすみ対策と最適なスキンケアについて解説します。
今までのスキンケアで物足りなかった方は、ぜひ参考にしてみてください。

黄ぐすみについて

黄ぐすみの正しいスキンケアとは?原因や対策を徹底解説-2

黄ぐすみは、さまざまな色のくすみがある中で、肌が黄色くくすむことです。
肌のくすみは、くすむ色によって原因が異なります。

たとえば、運動不足や寝不足などで血行不良になると、肌が青白くくすんでしまうでしょう。
また肌の古い角質や洗い流せなかった汚れが溜まると、顔全体が黒くくすんで見えることも。
このように、くすみにはそれぞれ原因があるため、まずは原因を知り対策を立てることが大切です。

次の段落では、気になる黄ぐすみの主な原因について解説しましょう。

黄ぐすみの原因は糖化とカルボニル化

黄ぐすみの正しいスキンケアとは?原因や対策を徹底解説-3

黄ぐすみの主な原因は、糖化とカルボニル化と言われています。
ここでは、糖化とカルボニル化の意味やメカニズムについて解説しましょう。

糖化について

糖化とは、体内のコラーゲンやエラスチンなどのタンパク質と糖質が結びつくことで、タンパク質が茶色く焦げ付き、変色します。
糖とタンパク質が結びつくと「AGEs」(終末糖化生成物)を生成、どんどん蓄積されることで、老化を早める原因にもなるそうです。
また真皮で糖化が起こると、気になるシワやほうれい線などを引き起こす可能性もあります。
一方、角層が糖化すると水分を保持する力が弱まり、乾燥肌の原因にもなるでしょう。
糖化は、角層や真皮、基底層など全体で起こると言われています。
肌の表皮と内側、両方で糖化が起こった結果、バリア機能が低下しターンオーバーも乱れ、黄ぐすみになってしまうようです。

カルボニル化について

カルボニル化は、コラーゲンやエラスチンなどのタンパク質と酸化した脂質の代謝物が結びつき、肌を黄色く変色させる酸化のことです。

たとえば、紫外線ダメージにより活性酸素が発生し、皮脂を酸化させてアルデヒドができます。
タンパク質と結びついたアルデヒドは、カルボニル化たんぱく質となり、肌をくすませるのです。
カルボニル化は、肌の表皮と真皮の両方で起きますが、糖化の黄ぐすみより黄みが強く出ます。

表皮でカルボニル化が起こると、水分を保持しにくくなり、肌の乾燥が進むとも言われており、乾燥肌の原因のひとつでもあるでしょう。
また真皮のカルボニル化は、肌にハリを与えるコラーゲンやエラスチンに悪影響を及ぼすため、肌の弾力がなくなってしまうことも。

糖化と同じように、カルボニル化は、年齢サインの原因になるでしょう。

黄ぐすみ対策

黄ぐすみの正しいスキンケアとは?原因や対策を徹底解説-4

肌がくすむだけではなく、肌の弾力やシワなどの原因にもなる黄ぐすみは、しっかり対策を立てたいトラブルですよね。
ここでは、黄ぐすみができにくくなる対策について解説します。
日頃の習慣を見直すだけで簡単に対策できるため、ぜひ参考にしてみてください。

食生活を整える

黄ぐすみ対策には、バランスの良い食生活が重要です。
黄ぐすみの原因と言われている糖化を防ぐためにも、糖分の取り過ぎは控えましょう。

糖分は、適量であればインスリンが分泌され自分で処理できます。
しかし、過剰に糖分を摂取すると血糖値が急激に上昇するため、すべて処理できず残ってしまうことがあるでしょう。
処理されずに残った糖は、肌でタンパク質と結合し糖化することで、肌を黄色くくすませます。

血糖値を急激に上昇させないためには、食事の際に野菜から食べるのがおすすめです。
たとえば、まずサラダを先に食べ、次に魚や肉などのタンパク質、最後にご飯やパンなどの炭水化物を食べると良いでしょう。

また抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンE、ポリフェノール類などの栄養を含む食物がおすすめです。

十分な睡眠を取る

肌トラブルを防ぐためには、十分な睡眠を取ることが大切です。
適切な睡眠時間は、6~7時間で90分の倍数に当たる睡眠時間が良いと言われています。
しっかり睡眠を取ることで、乱れた肌のターンオーバーが正常になり、古い表皮は排出され新しい肌が表面へ押し出されるでしょう。
ターンオーバーが活発になれば、表皮の糖化やカルボニル化が原因の黄ぐすみは、改善される可能性があります。

また寝始めの2~3時間は、成長ホルモンの分泌に重要な時間帯です。
入眠後から質の深い睡眠を取るためにも、寝る前は刺激の強いスマホやパソコンの使用などは避け、穏やかに過ごしましょう。

運動を習慣化する

適度な運動は、代謝や血行を促進させると言われています。
糖の約70%は、骨格筋で消費されると言われているため、運動で骨格筋に負荷を与えることがおすすめです。
水泳やウォーキングで骨格筋の筋肉量を増やすことで、糖化による黄ぐすみを予防できるでしょう。

スキンケアをしっかりおこなう

紫外線対策や保湿など、スキンケアをすることも黄ぐすみ対策には重要です。
特に紫外線は、カルボニル化を促進する可能性が高いため、注意しましょう。
紫外線は、季節問わず降り注いでいるため、日焼け止めや日傘などで対策することがポイント。
また肌の保湿も重要なスキンケアです。
しっかり保湿された肌は、バリア機能やターンオーバーが乱れにくく、過剰な皮脂の分泌も防げるでしょう。
化粧水の選び方は、次の段落を参考にしてみてください。

黄ぐすみ対策におすすめの化粧水の選び方

黄ぐすみの正しいスキンケアとは?原因や対策を徹底解説-5

ここでは、黄ぐすみ対策におすすめの化粧水の選び方について解説します。

糖化対策が可能な成分で選ぶ

黄ぐすみの原因のひとつである糖化を防ぐ成分が、配合されている化粧水から選んでみましょう。
抗糖化として有名な成分は以下の通りです。

  • セイヨウオオバコ種子エキス
  • ビルベリー
  • カルノシン
  • ツバキ種子抽出液
  • コウジ酸
  • ウメ果実エキス

これらの成分が含まれているかどうかを目安に選ぶと良いでしょう。

くすみ以外の悩みに合わせて選ぶ

黄ぐすみ以外の肌悩みにも対応しているかどうかで選ぶのもおすすめです。
たとえば、乾燥肌の方は、保湿力の高い化粧水やクリームが良いでしょう。
またスキンケアに時間が取れない忙しい方は、オールインワンタイプがおすすめ。
化粧水や美容液、乳液などをひとつにまとめているため、お手入れも簡単です。

価格で選ぶ

毎日使うスキンケアは、続けられる価格の商品を選ぶことが大切です。
スキンケア商品は、数千円から数万円と価格帯に幅があるため、高すぎる商品の場合、使い続けることが負担に感じることも。
また高い商品だと、もったいないと感じて少しずつ使う方もいるでしょう。
しかし、少なすぎる量ではしっかりケアできないため、かえって無駄になる可能性もあります。
値段と効果は、必ずしも比例しません。
重要なことは、適量を継続して使うことです。
そのため、経済的に負担にならない価格から選ぶと失敗しないでしょう。

黄ぐすみのない肌でいつまで若々しい毎日を送ろう

黄ぐすみの正しいスキンケアとは?原因や対策を徹底解説-6

黄ぐすみ対策は、日々の生活習慣やスキンケアが重要です。
最近肌が黄色く見えると感じる方は、すぐにでも生活習慣やスキンケアを見直してみましょう。
くすみのない、明るく透明感のある肌は、それだけで健康的で若々しい印象を与えます。
きちんと対策をして、ベストな自分をキープしましょう。

 

to top