COREFITが33ヶ月かけて開発した、FACE-PLAYER登場!

COLUMN

毛穴の黒ずみが気になる方必見!毛穴ケアにおすすめの洗顔の選び方

毛穴の黒ずみが気になる方必見!毛穴ケアにおすすめの洗顔の選び方-1

毛穴のポツポツが気になる方も多いでしょう。特に汚れが溜まって黒くなった毛穴は、ファンデーションで隠すのも難しく目立ってしまうことも。
しかし隠せないからといって、無理やり毛穴の汚れを取ると肌にダメージを与えるため、おすすめできません。

そこで今回は、洗顔で毛穴をケアする方法について解説しましょう。併せて毛穴ケアにおすすめの洗顔料の選び方もご紹介。
毛穴が気になる方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

毛穴の黒ずみの原因

毛穴の黒ずみが気になる方必見!毛穴ケアにおすすめの洗顔の選び方-2

毛穴が黒く目立つ主な原因は、毛穴に詰まったメイク汚れや古い角質などです。
このような毛穴に詰まった角栓が、空気に触れて酸化すると黒く目立ってしまいます。

肌の汚れは、新陳代謝によって排出されるのが自然です。
しかし、肌の状態が乱れており新陳代謝が正常にできないと、汚れが排出されずに毛穴に詰まり、黒ずみの原因になります。

また過剰な皮脂が毛穴周辺で酸化すると、色素沈着を起こして肌がくすんで見えてしまうでしょう。
その場合、毛穴が詰まっていなくても毛穴が黒く目立ってしまいます。

特にTゾーンは、皮脂が分泌されやすく毛穴が詰まりやすいため、しっかりケアすることが大切です。

メイクをしたらクレンジングが必須

毛穴の黒ずみが気になる方必見!毛穴ケアにおすすめの洗顔の選び方-3

メイクをした日は、クレンジングでしっかり落とすことが大切です。
濃いメイクは落ちにくいため、特に念入りに洗顔しましょう。

メイク落としには、オイルやジェル、シートタイプなど多くの種類があります。
手早くメイク落としをしたい時には、シートタイプが最適。
保湿ケアまでおこなえるメイク落としシートなら、忙しい時でもしっかりケアできます。

このようにメイクの濃さやライフスタイルに合わせて、最適なアイテムでしっかりオフすることが重要です。

クレンジングによっては、ダブル洗顔が必要な場合もあるため、洗顔料ごとに洗顔方法をチェックした方が良いでしょう。

正しい洗顔方法

毛穴の黒ずみが気になる方必見!毛穴ケアにおすすめの洗顔の選び方-4

洗顔は、ただ洗えば良いわけではありません。汚れを落としつつ、肌へのダメージを軽減することが大切です。
ここでは、正しい洗顔方法について解説します。

たっぷりの泡で洗う

顔を濡らしたら、洗顔料をたっぷり泡立てて両手の平に乗せ、顔を包み込みましょう。
泡を肌の上で転がすように、丁寧に優しく洗うことが大切です。
毛穴の汚れを落とそうとゴシゴシこすると、肌を傷つけトラブルの原因になります。

手で泡立てるのが難しい洗顔料の場合、泡立てネットの使用がおすすめです。
手の平をひっくり返しても、泡が落ちないくらいしっかり泡立てることがポイント。

また長時間洗うと肌へ負担がかかるため、30秒程度で済ませるのが理想的です。

しっかりすすぐ

すすぎは、ぬるま湯でしっかり流しましょう。
もみあげや生え際、フェイスラインは、すすぎ残しが多い部分のため、特に丁寧に洗うことが大切です。

お風呂に入ったついでに洗顔をする方は、シャワーを直接当てないようにしましょう。
シャワーの水圧は、刺激が強いため肌トラブルの原因になります。
必ず手にお湯をすくって、顔を流すことがポイントです。

優しくタオルで拭く

すすぎ終わったら、タオルで肌を押さえるようにして水分を拭きとります。
その際、肌をタオルでこすらないようにしましょう。

その後は、すぐに保湿することが重要です。
洗顔後、保湿まで時間を空けると肌の乾燥が進み、余分な皮脂が分泌されやすくなります。
過剰な皮脂は、毛穴に詰まる原因になるため、毛穴の黒ずみの元になることもあり、注意が必要です。

毛穴ケアにおすすめの洗顔料

毛穴の黒ずみが気になる方必見!毛穴ケアにおすすめの洗顔の選び方-5

ここでは、毛穴の黒ずみが気になる時の特別ケアについて解説します。
週に1~2回を目安に取り入れてみてください。

スクラブ洗顔

毛穴のざらつきが気になる場合、スクラブ入りの洗顔を取り入れてみましょう。
小さなスクラブが、肌の表面を転がりざらつきを洗い流します。
しかし、スクラブの刺激は肌の負担になるため、週に1回が目安です。
あまり肌をこすらないように、優しく洗いましょう。

また肌にニキビや傷がある場合、スクラブ洗顔はNGです。
傷が悪化してしまうこともあるため、なるべく刺激の少ない泡洗顔をおこないましょう。

ピーリング洗顔

毛穴の黒ずみには、ピーリング効果のある洗顔料を使うのもおすすめ。
刺激の弱い洗顔料であれば、毎日使うことも可能ですが、肌の様子を見ながら使用しましょう。

クレイマスク

吸着力に優れたクレイマスクの使用も、毛穴の汚れケアにおすすめです。
気になる毛穴の汚れを素早く吸着するため、黒ずみやくすみケアに最適。
週に1回の使用を目安に、特別ケアとして使ってみましょう。

酵素パウダー

毛穴の汚れが気になるなら、酵素パウダーを使ったスペシャルケアを取り入れてみましょう。
酵素には、古い角質を分解する働きがあるため、気になる毛穴汚れもスッキリ。
洗顔料の代わりに使ったり、普段の洗顔料に混ぜて使ったりすることも可能です。
週1~2回を目安に使用してみましょう。

美白成分を配合した洗顔料

毛穴周辺のくすみが気になる時に、美白成分を配合した洗顔料がおすすめです。
くすみを洗顔で除去することで、クリアな明るい肌へ導くでしょう。

炭酸泡の洗顔料

炭酸泡で汚れを洗い流す洗顔料も、毛穴ケアにおすすめ。
シュワシュワした炭酸の泡が、肌の汚れを取り除きサッパリ洗い上げます。
さらに炭酸の心地よい刺激で、気分転換もできるでしょう。

毛穴の開きは保湿ケアが重要

毛穴の黒ずみが気になる方必見!毛穴ケアにおすすめの洗顔の選び方-6

毛穴の開きは、乾燥や加齢が原因になることもあります。
特に頬は、毛穴が開きやすいため、注意が必要です。
そのため、洗顔後はしっかり保湿しましょう。

化粧水を肌全体になじませ保湿し、美容液で肌を整えます。
最後に乳液やクリームで肌に水分を閉じ込めましょう。

毛穴汚れにはホットスチーマーもおすすめ

毛穴の黒ずみが気になる方は、ホットタオルやスチーマーの使用がおすすめです。
肌を温めると毛穴が開くため、クレンジングや洗顔料で毛穴の汚れが落ちやすくなります。

洗顔をしてもなかなか毛穴汚れが落ちないと悩む方は、ぜひ毎日のケアに取り入れてみましょう。

毛穴ケアでやってはいけないこと

毛穴の黒ずみが気になる方必見!毛穴ケアにおすすめの洗顔の選び方-7

毛穴ケアでついやってしまいがちなNG例について解説します。

毛穴の汚れを無理やり押し出す

毛穴に詰まった汚れを出そうと、指や道具で無理やり押し出すことはNGです。
指や道具で毛穴周りを強く押すと、肌が傷ついてしまうことが多いでしょう。
また傷口から細菌が入ると、肌荒れの原因になることも。
酷く肌が傷つくと、色素沈着を起こしシミとなる可能性もあります。
そのため、毛穴汚れが気になっても無理やり押し出すことは避けましょう。

毛穴パックを頻繁に使う

黒ずみを一度に除去できる毛穴パックは、便利なアイテムですよね。
しかし、毛穴パックは肌への刺激が強く、毛穴周辺の肌を痛めることもあります。
そのため、なるべく毛穴パックは使わず日々の洗顔でケアしましょう。

洗顔料を泡立てずに使う

洗顔料を泡立てずに、そのまま肌に付けるのはNGです。
泡立てが不十分だと、摩擦によって肌へのダメージが大きくなります。
肌をこすり過ぎると、必要な皮脂まで洗い流してしまい、乾燥肌の原因になることも。
そのため、洗顔をする際は、たっぷりの泡で優しく洗いましょう。

泡立てることが手間だと感じる方は、泡で出てくる洗顔料がおすすめ。
他の洗顔料のタイプと比較して値段は高めですが、肌への負担は軽減できます。

毛穴の黒ずみは毎日の洗顔が重要

毛穴の黒ずみが気になる方必見!毛穴ケアにおすすめの洗顔の選び方-8

毛穴の黒ずみは、毎日の肌汚れや皮脂が毛穴に詰まることが原因。
そのため、毛穴の汚れをしっかり洗い流すことが重要です。
しかし、ゴシゴシこすったり無理やり毛穴の汚れを出したりする方法は、肌への負担が大きいためおすすめできません。
そこで、毎日の洗顔方法を見直して、優しく汚れを落とし、保湿ケアでしっかり肌を整えることが大切です。
また週に1~2回のスペシャルケアもおこなうと良いでしょう。

個数

										
to top