COREFITが33ヶ月かけて開発した、FACE-PLAYER登場!

COLUMN

上唇鼻翼挙筋のトレーニングで鼻筋美人に!鍛える方法やおすすめグッズを紹介

上唇鼻翼挙筋のトレーニングで鼻筋美人に!鍛える方法やおすすめグッズを紹介-1

すっきりとした鼻筋やキュッと引きあがったフェイスラインは女性の憧れ!
しかし毎日続くマスク生活でついつい表情が乏しくなってしまい、顔の印象がもたついたり、頬のたるみが気になったりしていませんか?

今回は表情筋のひとつ「上唇鼻翼挙筋」を鍛えることで、すっきりとした美人印象を目指せるトレーニング方法を解説します。
手軽にできるマッサージや本格的なコリほぐしグッズも紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

上唇鼻翼挙筋とは?

上唇鼻翼挙筋のトレーニングで鼻筋美人に!鍛える方法やおすすめグッズを紹介-2

上唇鼻翼挙筋は表情筋のひとつで、鼻の横にある筋肉です。

鼻の横に沿うように位置しており、顔の中心にある上顎骨と上唇を繋いでいます。
指先で鼻の横を軽く押さえ、上唇を上に引き上げるように動かしたとき、縦方向に収縮する筋肉が上唇鼻翼挙筋です。

上唇鼻翼挙筋は、すぐ横にある上唇挙筋とともに上唇を引き上げる働きがあり、表情の動きに大きくかかわっています。
口元がキュッと引きあがった魅力的な笑顔を作るためにも欠かせない筋肉です。

上唇鼻翼挙筋が衰えるとどうなるの?

上唇を引き上げる働きのある上唇鼻翼挙筋が衰えると、小鼻がゆるんだ印象になりシャープな鼻筋が損なわれてしまうことも。
さらに目頭から斜め下に垂れ下がる「ゴルゴライン」や、口元のほうれい線が目立ってしまい、見た目印象に大きな影響を与える場合もあるのです。

上唇鼻翼挙筋も表情筋のひとつなので、加齢とともに衰えてしまいます。
また長引くマスク生活で表情の変化が乏しくなると、上唇鼻翼挙筋の衰えを加速させる可能性も!

すっきりとシャープな鼻筋で上向きの表情を目指したい人は、トレーニングで上唇鼻翼挙筋を鍛えるケアが大切です。

上唇鼻翼挙筋のコリにも要注意!

上唇鼻翼挙筋のトレーニングで鼻筋美人に!鍛える方法やおすすめグッズを紹介-3

表情筋に過度な負担がかかったり、表情の変化が乏しくなったりすると、筋肉の衰えにプラスして「筋肉のコリ」が生じます。
せっかく表情筋のトレーニングに挑戦しようと思っても、表情筋にコリがあると筋肉が狙い通りに動かせず、トレーニングの効果が半減してしまいます。

また筋肉のコリは血行不良やむくみの原因になることも。
上唇鼻翼挙筋のトレーニングを始める前に、しっかり筋肉をほぐしてコリ予防&コリ解消を目指しましょう!

上唇鼻翼挙筋のコリを防ぐマッサージ

トレーニング前に取り組みたい上唇鼻翼挙筋のマッサージを紹介します。
簡単なマッサージなので、デスクワークや家事の合間に取り入れて、ぜひ毎日続けてみましょう。

  1. 両手の人差し指を第二関節でまげる
  2. 曲げだ第二関節の内側を鼻の横に当てる
  3. 小鼻から目頭の方向に向かって、第二関節の内側で小さな円を描くように上唇鼻翼挙筋をほぐす
  4. 眉頭から眉骨に沿って指を動かし、眉尻までほぐす

眉周りまでほぐすことで、鼻筋だけではなく目周りもすっきりしますよ。

しっかりコリほぐしなら『COREFIT Face-Pointer』がおすすめ

上唇鼻翼挙筋のトレーニングで鼻筋美人に!鍛える方法やおすすめグッズを紹介-4

筋肉のコリを防ぐためには、ご紹介したマッサージを毎日コツコツ続けることが大切です。

しかしすでにできてしまった頑固なコリをしっかりほぐすためには、手指を使ったマッサージでは刺激が足りず、効果が出にくい場合も。
筋肉のコリをほぐすためには、ピンポイントで強めの圧をかける必要があります。

そこでご紹介したいのが、筋肉のコリをほぐすために開発されたツール『COREFIT Face-Pointer』です。

上唇鼻翼挙筋のトレーニングで鼻筋美人に!鍛える方法やおすすめグッズを紹介-5

『COREFIT Face-Pointer』は、手では届きにくい深部までピンポイントで刺激を届けることを目的に作られたコリほぐしの専用ツール。
ペン先のようなロッドを肌に当てて、リズミカルにプッシュするだけで、筋肉に刺激を与えコリをほぐし、疲れを取り除くことができます。

上唇鼻翼挙筋のトレーニングで鼻筋美人に!鍛える方法やおすすめグッズを紹介-6

鼻の横を小鼻から目頭、目頭から小鼻へとロットで刺激すれば、気になる上唇鼻翼挙筋のコリほぐしが簡単にできます。
血行促進にもなるので、気になる顔のむくみケアにも!
表情筋のコリが気になる人は、ぜひ『COREFIT Face-Pointer』をチェックしてみましょう。

▼『COREFIT Face-Pointer』についての詳細はこちら

フェイスポインター FACE-POINTER ( フェイスポインター )

鼻筋美人に!上唇鼻翼挙筋を鍛えるトレーニング3選

上唇鼻翼挙筋のトレーニングで鼻筋美人に!鍛える方法やおすすめグッズを紹介-7

上唇鼻翼挙筋のコリをほぐして準備ができたら、ここからは上唇鼻翼挙筋のトレーニングに挑戦しましょう。

上唇鼻翼挙筋と一緒に、上唇挙筋や小頬骨筋、大頬骨筋、口輪筋などの周辺の表情筋も鍛えれば、頬のたるみにアプローチでき、スッキリとした上向き印象を目指せますよ!

トレーニング① 小鼻をふくらませる運動

上唇鼻翼挙筋を中心に鍛えるトレーニングです。

  1. 小鼻をゆっくり広げ、こめかみ方向に引き上げる
  2. そのままの状態で3秒キープ
  3. ゆっくり小鼻をもとにもどす
  4. 鼻の下をしっかり伸ばす
  5. そのままの状態で3秒キープ
  6. 自然な表情にもどす

1~6を3セット繰り返します。
小鼻を引き上げるときは上唇鼻翼挙筋を意識し、口角を動かさず小鼻だけを膨らませるようにしましょう。

トレーニング② 眉間を押さえる運動

上唇鼻翼挙筋を中心に、小頬骨筋や口輪筋にもアプローチできるトレーニングです。

  1. 顔の力を抜き眉間を中指の腹で押さえる
  2. 眉間に力が入らないように意識しながら口を膨らませる
  3. そのままの状態で小鼻の脇を意識しながら、小鼻を膨らませる

トレーニング③ えおえお運動

上唇鼻翼挙筋と上唇挙筋を中心に鍛えるトレーニングです。
小頬骨筋や大頬骨筋にも刺激が入るので、まんべんなく表情筋を動かしてバランスよく鍛えることができます。

  1. 人差し指と中指をくっつけて、指の腹で小鼻の横を押さえる
  2. 口を「えおえお」と10回動かしながら、指先で筋肉の動きを感じる
  3. 指先を水平方向に、小鼻の横から目尻の下まで少しずつ動かし、動かすたびに「えおえお」と言いながら筋肉を動かす
  4. 同様に小鼻の上から目尻の下へ指先を動かしながら「えおえお」と言って筋肉を動かす
  5. 同様に鼻横から目尻の下へ、目頭の下から目尻の下へと、まんべんなく指を動かし筋肉を刺激する

▼上唇挙筋のトレーニングも一緒にチェックしましょう

上唇挙筋を鍛える方法をチェック!口角の上がった美人スマイルを作ろう

表情筋トレーニングには『COREFIT Face-Player』がおすすめ

すっきりとした鼻筋や、キュッと引き締まったフェイスラインを目指すためには、さまざまな表情筋をバランスよく鍛えることが大切です。

ひとつひとつのトレーニングは難しいものではありませんが、日々忙しく過ごしていると「どうしてもトレーニングを忘れてしまう」「疲れてトレーニングをする気持ちになれない」という方も少なくないでしょう。

そんな方におすすめのグッズが『COREFIT Face-Player』です。

上唇鼻翼挙筋のトレーニングで鼻筋美人に!鍛える方法やおすすめグッズを紹介-8

『COREFIT Face-Player』はヘッドホン型のEMS美顔器で、顔に装着してスイッチを入れるだけで、ハンズフリーで本格的なトレーニングを実現してくれる新発想のビューティーギア!
高周波と低周波を組み合わせた独自の電気信号が、筋肉を効率的に動かします。

上唇鼻翼挙筋のトレーニングで鼻筋美人に!鍛える方法やおすすめグッズを紹介-9

パッドが顔に密着するので、トレーニング中はハンズフリーでOK!
家事をしたり読書をしたり、メールをチェックしたりと、忙しい人にぴったりな「ながら美容」を実現します。

上唇鼻翼挙筋のトレーニングで鼻筋美人に!鍛える方法やおすすめグッズを紹介-10

装着方法を変えれば、目元、頬、口元などあらゆる表情筋にアプローチが可能。
忙しくてもキレイを諦めたくない人は、ぜひ『COREFIT Face-Player』をチェックしてみてくださいね。

▼『COREFIT Face-Player』についての詳細はこちら

フェイスプレイヤー

上唇鼻翼挙筋を鍛えてきれいな鼻筋を目指そう!

鼻の横にある上唇鼻翼挙筋は、上唇を引きあげる働きのある表情筋です。
マスク生活が続き表情の変化が乏しくなってしまうと、この上唇鼻翼挙筋が衰えコリが生じてしまうことも。
上唇鼻翼挙筋の衰えやコリは、気になるゴルゴラインやほうれい線などの原因にもなります。

マッサージやトレーニング、専用グッズを活用したケアで上唇鼻翼挙筋を鍛えて、鼻筋がきれいなすっきり美人を目指しましょう。

忙しくてマッサージやトレーニングを続ける自信がない人も、専用グッズを使えば本格的な「ながら美容」が実現できます。
ぜひ『COREFIT Face-Pointer』と『COREFIT Face-Player』についても、詳細をチェックしてくださいね!

個数

										
to top